人気blogランキングに参加中です。クリックお願いします!

2006年04月16日

低出生体重児

体重が2,500g未満で生まれた赤ちゃんのことを、
「低出生体重児」
といいます。

現在の日本では、2,500g以下で生まれる赤ちゃんが全体の10%もいるそう。

私から見ると、2,500gの赤ちゃんは「大き〜い」という印象でしたが、ママそれぞれの感じ方があるので、「2,500gだとちょっと小さいね」と言われて傷つくママもいます。

特に出産直後のママはナーバスになっていることが多いので、周囲の方は発言には気をつけてくださいね!
【関連する記事】
posted by モモ母 at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 未熟児の種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。