人気blogランキングに参加中です。クリックお願いします!

2006年03月05日

帝王切開-5:ダンナの帰ったそのあとで・・・

ダンナや家族が帰った後。

自分自身との闘いはここから始まるのです。


カーン!(ゴングの鐘)


■まずは手術中から続く悪寒との闘い。
これがマジで辛いです!
電気毛布を二枚位かけてもらっているはずなのに、身体がガタガタ。
原因は麻酔と手術中の出血のためだと思われます。医学的なことはよくわからないけどさ。

そして
■麻酔の副作用である頭痛。
これは自分で招いた事態(手術中に麻酔量を増やしてしまったこと)とはいえ、耐えられなかったですね。

■傷口の痛み。
当然、切腹して縫合したんだから痛いですよね?

あとは
■子宮が収縮する痛み!

初産だったので当たり前ですが、初めての痛みにぶっ飛びました。女の身体ってすごいなぁ、とちょっとびっくり。よくできてますよね(笑)。

傷の治りを早めるために、寝返りをうつといいよ、なんて言われましたかとんでもない!って感じです。

寝返りなんてできるか〜!ふざけるな!とキレそうになりました。

で、この痛みを緩和するため、最初は注射、それ以降は座薬を入れるのですが、痛みが治まらない!

ナースコールを押して「座薬プリーズ」とお願いしたのですが「まだ2時間しか経ってませんよ。ダメです!」と軽く却下され、また痛みの世界に舞い戻る・・・ということを半日くらい経験しました。

か〜、辛かった!
今、思い出してもあの時の辛さはこれまでに経験したことないものでしたね。
posted by モモ母 at 08:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 「帝王切開」赤裸々日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14886158

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。