人気blogランキングに参加中です。クリックお願いします!

2006年03月06日

嵐の前触れ

妊娠27週目最後の日の健診。

・羊水量はかなり順調。ほぼ普通の妊婦に近いといわれた
・胎児の体重も増加(630g→720g)
・血流が落ちた。少し不安定な状態

血流が落ちたということで、入院をすすめられた。医者は今日すぐにでも入院して欲しそうだったけど、今まで私が「仕事仕事」と騒いできたから、きっと猶予をくれたんだろうな…。

土曜日に再検査して、状況が改善されていなければ入院ということに。

今日は入院準備で大忙しです。

赤ちゃんの血流が悪くなると、赤ちゃんに運ばれる酸素の量も少なくなるらしく、酸素量が少ないと、赤ちゃんは自分にとって一番大事なところを守ろうとする⇒一番大事なのは頭⇒頭が大きく、体が小さい赤ちゃんになる、という図式らしい。

今まさに私が上記の状態らしくて、ここしばらく「頭が大きい」といわれ続けていたのは、そういう裏があったのか、と昨日知りました。

もうこうなったら、一番安全な場所(病院)にいるのが一番安心していられるので、入院がイヤとかそういった気持ちはあまりありません。意外と落ち着いています。

毎日仕事に追われていたので、急に暇になってボケそうですが(笑)、会社の同僚から「天からもらった休暇。ゆっくりしてきて!!」と言われて、その通りだなーと思っています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14273415

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。